青森山田、矢板中央に逆転勝利で4強進出 DF二階堂が殊勲の勝ち越し弾を含む2ゴール

2得点をあげチームを勝利に導いた4番のDF二階堂正哉(左)【写真:Football ZONE web】
2得点をあげチームを勝利に導いた4番のDF二階堂正哉(左)【写真:Football ZONE web】

前半は互いにロングスローから1点ずつを奪ってタイで折り返し

 第97回全国高校サッカー選手権準々決勝、青森山田(青森)対矢板中央(栃木)の一戦が行われ、ロングスローが得点に直結する攻防は2-1で青森山田が逆転勝利。2大会ぶりの優勝に向けて4強入りを決めた。

 2大会前の選手権王者と昨年度大会のベスト4、そして今年度も高円宮杯プレミアリーグとプリンスリーグ関東で結果を残した強豪校同士の一戦ということもあり、会場の等々力陸上競技場は数多くの観客が詰めかけた。

 キックオフ直後からMF檀崎竜孔(→北海道コンサドーレ札幌)、DF三國ケネディエブス(→アビスパ福岡)と2人のJ内定者を擁する青森山田が主導権を握り、前半2分にはDF澤田貴史のロングスローからニアサイドの三國が頭で合わせたがクロスバー直撃。いきなりの先制とはならなかった。

 青森山田がボールを握る展開が続くが、前半14分に矢板中央がワンチャンスを生かす。右サイドからのロングスローは一度跳ね返されたものの、再び右からクロスを上げると、ゴール前で完全フリーとなった167センチのMF眞島聖弥がヘディングシュート。ふわりとした軌道でゴール右隅に収まり、矢板中央が1-0と先制に成功した。

 その後も矢板中央の鋭いカウンターが何度か発動する場面があり、青森山田としては嫌な流れだったが、前半終了間際に勝負強さを見せる。再びロングスローからMF武田英寿のボレーシュートをDF二階堂正哉が頭でコースを変える。このシュートに矢板中央GK安西駿も反応できず、1-1の同点に追いついて前半を終えた。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング