本田圭佑もつけた星稜の背番号「10」 想いをつないだ“2人のキャプテン”の物語

敗戦後、有馬の「ごめん」に岩岸は「ありがとう」

 結果的に、後半に入ると流経大柏が守備をさらに強固なものにしたため、その牙城を崩すことはできなかった。試合終了後、有馬は泣き崩れるチームメートを前に気丈に振る舞い、励ましながら応援席へ挨拶に回る。“キャプテン”として、立派な姿だった。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 その後、有馬は岩岸へ「ごめん」という言葉とともにキャプテンマークを返した。その際に岩岸から返ってきた言葉は「ありがとう」だった。

「その瞬間、目から熱いものがこみ上げてきました」

 有馬はそう振り返った。試合には敗れ、星稜の戦いはベスト16で幕を閉じることとなった。しかし、背番号「10」の岩岸が去った後半のピッチで、死力を尽くして走り抜いた有馬の背中には、間違いなく本田も付けたエースナンバーが宿っていた。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(FOOTBALL ZONE編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」