前年4強の矢板中央で輝く“美しきライバル関係” エース負傷で「やってやろうと…」

(左から)矢板中央FW望月、FW大塚【写真:Football ZONE web】
(左から)矢板中央FW望月、FW大塚【写真:Football ZONE web】

2年連続で選手権出場、FW望月の活躍で日章学園に2-1勝利

 前回大会ベスト4と躍進し、2年連続で全国高校サッカー選手権の舞台に立った矢板中央(栃木)。2日に行われた2回戦にシードで登場すると、2-1で日章学園(宮崎)に競り勝ち3回戦へと進んだ。フットサルのU-19日本代表としても活躍する主軸のFW大塚尋斗を怪我で欠くなか、輝いたのは長身ストライカーのFW望月謙だった。奮発材料となったのは大塚との間にある、チーム内での美しきライバル関係だった。

 身長190センチの望月はその空中戦の強さを生かして、矢板中央の攻撃の起点となった。前半20分には左からのクロスを味方と相手DF、GKの3人がもつれ合ってこぼれたボールを拾い、右足のシュート決めた。「常にイメージしていた(望月)」という、こぼれ球に反応する形から得点を奪った。

 さらに望月は後半16分、左サイドから強引なドリブル突破でエリア内に侵入。相手のファウルを誘ってPKを奪取した。これを背番号10のMF飯島翼がきっちりと決め、決勝点となった。

 望月をスタメンで送り出した髙橋健二監督は、「(望月は)夏の東福岡戦では何もできなかった。もう一回、3年生最後のチャンスで大爆発した。本当によく頑張ったなと思います」と試合後に殊勲の望月を労った。夏のインターハイでは1回戦で強豪・東福岡(福岡)に1-2で敗れ、その試合で沈黙した望月の成長を感じ取っていた。

 本来、矢板中央の前線にはフットサルのU-19日本代表としても活躍する大塚の存在があるが、そのエースが大会前の練習で左ふくらはぎの肉離れを負い、戦線離脱。重傷ではないというが、この試合での起用は見送られた。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング