合計“38人”の死闘…PKスコア「17-16」で帝京長岡が勝利 PK成功後に担架で運ばれる選手も

帝京長岡(上)と旭川実(下)の一戦は、合計“38人”の死闘となった【写真:Football ZONE web】
帝京長岡(上)と旭川実(下)の一戦は、合計“38人”の死闘となった【写真:Football ZONE web】

2-2で突入したPK戦が壮絶な展開に… 旭川実のFW谷口はキック後に足をけいれん

 第97回全国高校サッカー選手権は2日、各地で2回戦の各試合が行われ、NACK5スタジアム大宮の第2試合では帝京長岡(新潟)と旭川実(北海道)が2-2からPK戦にもつれ込む激闘を演じた。11人ずつ蹴っても決着がつかずに2回り目に突入し、最後は19人目で決着。帝京長岡が17-16で勝利した。

 試合開始からパスワークで攻め込み決定機も作った帝京長岡に対し、先制点を奪ったのは旭川実だった。前半20分、前線へのフィードをFW西村歩夢が競ったところにフォローしたMF山内陸が、ペナルティーエリア外から左足で強烈ミドル。初戦2得点の山内の一撃がゴールに吸い込まれて試合を動かした。

 それでもペースを見失わなかった帝京長岡は同29分、MF谷内田哲平のスルーパスに抜け出したFW晴山岬がGKとの1対1で冷静にゴール右に流し込んだ。初戦ハットトリックのエースが試合を振り出しに戻すと、その2分後、右サイドでボールをキープしたところからMF梨本夢斗が上げたクロスにMF田中克幸がヘディングシュートを決めてゴール。一気の逆転劇で2-1とリードを奪って折り返した。

 後半に入ると旭川実は4分、左サイドに抜け出した山内が一気にドリブル突破してGKと1対1になってシュートを放ったが、ゴールライン際で帝京長岡のDF小泉善人が決死のクリアで得点を許さず。それでも同29分、旭川実は西村が抜け出してGKと1対1になると、シュートはセーブされたものの、こぼれ球を途中出場のFW金野修那が蹴り込んで同点に追いついた。

 時間の経過とともにオープンな展開になっていくなかで、双方ともに決勝ゴールは奪えず。2-2で試合が終了し、勝負の行方はPK戦に委ねられた。

 帝京長岡はGK猪越優惟が相手1人目の山内のキックをセーブしたが、旭川実のGK小竹唯貴も4人目の梨本をストップ。5人目まで4-4でサドンデスにもつれ込むと、11人が蹴り終えて10-10で決着がつかず2回り目へ。すると13人目に小竹がMF丸山喬太のキックをストップ。しかし猪越もDF江嶋直樹のキックを止め返した。

 17人目にシュートを決めた旭川実のFW谷口明典がキックを成功した後に足をけいれんさせ、PK戦中に担架で運び出されるという珍事も起きるなか、最後に勝負が決まったのは19人目。旭川実のMF藤本詠稀のシュートを猪越が読み切ってセーブし、17-16で競り勝った。

 勝ち上がりを決めた帝京長岡は、3日の3回戦で長崎総科大付(長崎)と対戦する。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング