長崎総科大付、初出場の浜松開誠館に1-0勝利 湘南内定のMF鈴木が決勝弾の起点に

長崎総科大附が初戦突破を果たした【写真:Football ZONE web】
長崎総科大附が初戦突破を果たした【写真:Football ZONE web】

後半23分、鈴木→古堅とつなぎ、最後はMF千葉が値千金のヘディング弾

 第97回全国高校サッカー選手権は2日に各地で2回戦を行い、NACK5スタジアムの第1試合は長崎総科大付(長崎)が浜松開誠館(静岡)に1-0で勝利してベスト16に進出した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 静岡から初出場の浜松開誠館と名将・小峰忠敏監督が率いる長崎総科大付の一戦は互いに初戦の硬さが見られ、膠着した試合展開になった。前半でゴール前に迫ったチャンスは17分に浜松開誠館がFW弓場堅真のワンタッチパスからMF前田大輝が飛び出して放ったシュートがわずかに外れたものと、同28分に長崎総科大付がロングスローからDF篠田翔太がヘディングで狙ったシュートがクロスバーに当たったもので、どちらも得点なく前半を終えた。

 後半も互いにゴール前に入り込めない展開が続いたが、ワンチャンスを先にものにしたのは長崎総科大付だった。後半23分、右サイドでボールをキープしたJ1湘南ベルマーレ内定のMF鈴木冬一が戻したボールをDF古堅詩音がゴール前に送ると、走り込んだMF千葉翼がヘディングで決めて大きな先制点を手にした。

 浜松開誠館は186センチの長身FW柳本龍士郎を投入して反撃を狙ったが、したたかに時間を使う長崎総科大付の前に決定機は作れず。このまま1-0で試合は終了し、長崎総科大付が3日の3回戦に駒を進めた。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  4. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  9. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」

  10. アーセナル本拠地の“3200円ピザ”に賛否 見た目と価格に「ウソだろ」「ピザ窯付いてるの?」