元日本代表の39歳MF小笠原満男が現役引退 21年間のキャリアに幕「すべての方々に感謝」

鹿島MF小笠原満男が現役引退【写真:Getty Images】
鹿島MF小笠原満男が現役引退【写真:Getty Images】

1998年に鹿島加入の小笠原が決断 「鹿島で引退できることを、嬉しく、誇りに思います」

 J1鹿島アントラーズが27日、元日本代表MF小笠原満男が今季限りで現役から引退すると発表した。

 小笠原は1998年に大船渡高から鹿島に加入。ルーキーイヤーにJリーグデビューを飾ると2年目から出場機会を増やし、その後は主力に定着した。Jリーグ優勝7回、リーグカップ優勝5回、天皇杯優勝4回と華々しいキャリアを誇り、今季はAFCチャンピオンズリーグで念願のアジア制覇を成し遂げた。

 2006年にイタリアのメッシーナ移籍で一度チームから離れたが、2007年に復帰以降も主軸として君臨。J1リーグ通算525試合69得点で、2009年にはJリーグMVPを獲得した。日本代表としても55試合7得点で、2002年と2006年ワールドカップメンバーに選出された。

 小笠原は鹿島の公式サイトを通じて以下のコメントを残している。

「今シーズンをもって、鹿島アントラーズで現役生活を終えるという決断をしました。これまで自分を支えてくれた方々、一緒に頑張ってきた選手達、応援してくれたサポーター、鹿島アントラーズに関わるすべての方々に感謝しています。鹿島アントラーズという素晴らしいチームでここまでプレーでき、鹿島アントラーズでサッカー選手として引退できることを、とても嬉しく、そして誇りに思います。本当にありがとうございました!」

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング