上海上港FWフッキ、パルメイラス移籍希望も“Xデー”は2年後か 「中国でハッピーだ」

上海上港FWフッキ【写真:Getty Images】
上海上港FWフッキ【写真:Getty Images】

母国ブラジルへの凱旋願望を明かしつつ、2年残る契約は全うする意向

 中国1部上海上港の元ブラジル代表FWフッキが母国の名門パルメイラスでのプレー希望を明かす一方で、今すぐに中国を出る考えはないとした。「中国でハッピーだ」とアジアでの生活にも充実感を示している。英誌「フォー・フォー・トゥー」が報じた。

 日本の東京ヴェルディや川崎フロンターレでもプレーしたフッキは、ポルトガルのポルト、ロシアのゼニトを経て2016年に上海上港へ移籍。2018年シーズンはリーグ初優勝を成し遂げた。

 32歳となったフッキには、母国ブラジルの名門であるパルメイラス移籍の噂が浮上。これについて「パルメイラスに関する噂は常にある」とし、同クラブからの関心があることも認めている。

 それでもフッキは「ブラジルに戻るという願望はある」としたうえで、「しかし、それが今すぐに起きるかと言えば少し複雑な問題だ」と移籍の可能性は否定的に語った。

「(上海上港との)契約はまだ2年残っている。中国でハッピーだよ」

 リーグタイトルも獲得し、中国で充実の時を過ごすストライカーはブラジルへ帰国する夢を持ちつつも、契約を全うするまでは上海の地に残る考えのようだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング