アジア王者鹿島、クラブW杯初戦は開始3分に失点 グアダラハラに1点ビハインドで後半へ

鹿島は開始3分に先制点を許し苦しい展開【写真:Getty Images】
鹿島は開始3分に先制点を許し苦しい展開【写真:Getty Images】

勝利すればレアルとの“リベンジマッチ”が懸かるなか、先制点を許して苦しい展開

 鹿島アントラーズの世界への挑戦は、厳しい前半でスタートした。鹿島は現地時間15日、UAEで開催されているFIFAクラブワールドカップ(W杯)で大会初戦の準々決勝グアダラハラ(メキシコ)戦に臨み、0-1でハーフタイムを迎えた。

 鹿島は日本開催の2016年にJリーグ王者、開催国代表として出場すると決勝進出を果たし、欧州王者レアル・マドリード(スペイン)に延長戦の末に敗れた。今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制し、アジア王者として出場。北中米カリブ海代表として出場したメキシコの雄と相対した。

 大会前に日本代表MF三竿健斗と同FW鈴木優磨が負傷し、UAE遠征すら叶わなくなった鹿島は、いきなりスコアを動かされてしまう。試合開始3分、ハーフウェーライン付近で左サイドバックのDF山本脩斗とセンターバックのDF昌子源が一気に突破されると、そのままゴール前に入り込まれた。DFチョン・スンヒョンが寄せたところで上げられたクロスはDF内田篤人の頭を越え、そこに走り込んだFWアンヘル・サルディバルに頭で叩かれ、先制点を与えてしまった。

 その後は鹿島もペースを取り戻していくものの、敵陣の深いところでボールをキープする形を作り出すことができず、なかなかゴール前へ入り込むことができない。グアダラハラのボール際で厳しい守備にも手を焼いた鹿島は、両サイドバックもなかなか攻撃参加をできずに沈黙の45分間を過ごし、1点ビハインドのまま前半を終了した。

 勝利すればレアルとのリベンジマッチが実現する組み合わせになっていた鹿島だが、後半にギアを上げていくことができるだろうか。

>>【PR】年末はDAZNで『GIANT KILLING』! アニメ全26話一挙配信決定!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング