「資金が鍵」 堂安獲得が噂されるニューカッスル、ベニテス監督が移籍市場に見解

フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】
フローニンゲンのMF堂安律【写真:Getty Images】

シティやアトレチコ、ユベントスなどビッグクラブとともにニューカッスルも堂安に関心

 フローニンゲンの日本代表MF堂安律は、その活躍ぶりから欧州5大リーグへの移籍が取り沙汰されている。名将ジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティやアトレチコ・マドリード、ユベントス、ドルトムントなど数多くのビッグクラブが関心を示し、FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルも熱視線を送っていると報じられている。そうしたなか、ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督が移籍市場について口を開き、「資金が鍵だ」と予算額がポイントになることを明かした。英地元紙「シールズ・ガゼッタ」が報じている。

 堂安は昨夏にガンバ大阪からフローニンゲンに期限付き移籍すると、加入1年目からリーグ戦29試合で9ゴール4アシストをマーク。完全移籍した今季からは新たに背番号「7」を託され、ここまでリーグ戦15試合で4ゴール2アシストと存在感を放っている。

 今年は待望の日本代表デビューも果たし、10月16日のウルグアイ戦(4-3)ではA代表初ゴールもマーク。フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が新設した21歳以下を対象とする最優秀若手選手「コパ・トロフィー」では、最終候補10人に選出されるなど、世界的な知名度も高まっている。

 オランダ国内ではアヤックスやPSV、その他にもシティやアトレチコ・マドリード、ユベントス、ドルトムント、ニューカッスルなどが獲得に関心を示していると伝えられており、堂安は今冬の移籍市場の注目株の一人と目されている。

 記事では「ラファ・ベニテスがニューカッスルとリツ・ドウアンを結ぶ憶測に反応」と言及。ニューカッスルは10年以上オーナーを務めるマイク・アシュリー氏が12月末までのクラブ売却を検討していることを明かしており、その動向次第で予算が変動するため、現状では指揮官も思うように身動きが取れないようだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング