ポルトガル代表FWナニ、超絶ドライブ弾披露の“魔法の左足”が話題 「相手には悪夢」

スポルティングCPのFWナニ【写真:Getty Images】
スポルティングCPのFWナニ【写真:Getty Images】

リオ・アベ戦の前半アディショナルタイムに利き足とは逆の左足で華麗な決勝ゴール

 ポルトガル1部スポルティングCPは、現地時間9日のリーグ第12節でリオ・アベを4-1で下し、5連勝で首位ポルトを追走している。ポルトガル代表FWナニは決勝点となるチーム2点目を奪ったが、圧巻のドライブ弾を自身のインスタグラムで公開すると、「魔法の左足」「アートのようなゴール」とファンから称賛の言葉が相次いでいる。

 2位スポルティングは前半17分に先制を許したが、同40分にPKで同点に追いつく。迎えた前半アディショナルタイムだった。

 ペナルティーエリア外左45度の位置でボールを持ったナニは、ドリブルを突き、右側からの寄せが甘いと見るやそのまま左足を一閃。インステップですくい上げるように蹴り出したボールは、高く舞い上がってゴールへ。すると、鋭い回転がかかったボールはゴール前で急激に落下。相手GKが懸命に伸ばした手をかすめて、ネットに突き刺さった。

 思わず見とれるほどの鮮やかな軌道だが、シュート技術もさることながら、ナニは利き足とは逆の左足でこのドライブ弾を決めている点も特筆すべきだろう。キャプテンの一撃で勢いに乗ったスポルティングは後半にも2点を奪い、4-1で快勝した。

ナニは試合翌日に自身の公式インスタグラムにゴール動画を投稿。「5連勝できて嬉しいし、いつだってホームで得点するのは格別だ」と綴ると、ファンからは次々と感嘆の声が上がった。

「魔法の左足」
「なんてドライブシュートだ」
「彼には光り輝く左足がある」
「相手にとっては悪夢」
「アートのようなゴール」
「君は常に僕のロールモデル」

 マンチェスター・ユナイテッド時代には同胞のFWクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)とチームメイトで、リーグ優勝4回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回も経験しているナニ。ポルトガル代表から1年以上遠ざかり、今季からプロデビューを飾った古巣スポルティングに帰還したなか、キャプテンとして強烈な輝きを放っている。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング