C・ロナウド、バロンドール落選の胸中語る 「僕は毎年受賞に値するけど…」

ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

古巣レアルの元同僚モドリッチが初受賞 ロナウドは「家で泣いていると思ったかい?」

 2018年のバロンドールは、レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが初受賞し、過去10年にわたってバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが席巻してきたバロンドールに新たな歴史を刻んだ。

 ロナウドは昨季、代表とクラブで通算48試合に出場し、45得点をマーク。レアルのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)三連覇に貢献し、CLで最長の11試合連続得点も記録したが、バロンドール投票では2位という結果だった。これについて、ロナウドがイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインタビューで胸の内を明かしている。

 ロナウドは「僕は毎年、(バロンドールを受賞するに)値すると思う。そのために頑張っているしね。でも、受賞できなくてもこの世の終わりというわけではない」と率直な思いを語ると、次のように続けている。

「数字は嘘をつかない。受賞しなかったからといって、僕があまりハッピーじゃないとは思わないでほしい。僕にはファンタスティックな友達、家族がいて、最高のクラブのひとつでプレーしているんだ。家で泣いているとでも思ったかい? 確かに残念だったけど。人生は続くし、これからも努力し続ける」

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング