浦和、満身創痍の天皇杯制覇 「通常なら試合に出られない怪我人が6人」と指揮官告白

(左から)FW武藤雄樹、オリヴェイラ監督、FW興梠慎三【写真:Noriko NAGANO】
(左から)FW武藤雄樹、オリヴェイラ監督、FW興梠慎三【写真:Noriko NAGANO】

12大会ぶりの優勝後、オリヴェイラ監督が負傷者続出の舞台裏を語る

 満身創痍を乗り越えてのタイトルだった。浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督は、9日の天皇杯決勝ベガルタ仙台戦を1-0で勝利した試合後、「通常なら試合に関わらない怪我をしている選手が6人いた」と、その舞台裏を明かした。

 5日の準決勝、鹿島アントラーズ戦があまりの激闘だった。FW興梠慎三、FW武藤雄樹、MF青木拓矢の3人が後半に相次いで負傷交代。指揮官が「43年のキャリアで、怪我人だけで3つの交代枠を使ったのは初めてだ」という事態になった。それに加え、DFマウリシオは鹿島戦が肉離れからの復帰戦で強行出場だった。MF柏木陽介も万全ではなく、FWアンドリュー・ナバウトも決勝までのトレーニングで負傷者と同じグループにいたこともあった。

 そうしたなかで、最終的にはマウリシオ以外の選手たちは決勝に間に合った。オリヴェイラ監督は、その心境をこう語っている。

「私にとって、特別なゲームでした。昨晩、よく眠れなかったことを告白します。怪我人が6人いて、通常なら試合に関わらないところでした。そのうちの一人がマウリシオです。痛みを抱えていた武藤は、直前まで考えました。スタメンを決めたのは今日ロッカールームに到着してからです。青木は鹿島戦で肘を脱臼し、24時間体制で治療し、プロテクターもつけました。彼は制限のあるなかでプレーし、英雄的な働きをしてくれたと思います。興梠、柏木も普段ならプレーしなかった選手です」

 こうした条件だっただけに、前半13分にMF宇賀神友弥が芸術的なボレーシュートを決めて先制した試合展開のなか、後半17分には柏木に代えてMF柴戸海を投入。リーグ戦ではリードした展開の残り15分ほどで送り出される“クローザー”の投入タイミングも早まった。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング