「努力に勝る天才はない」 浦和DF宇賀神、天皇杯優勝を呼ぶ決勝弾に秘めた先輩への敬愛

天皇杯優勝を呼ぶ決勝点を決めた浦和レッズMF宇賀神【写真:Noriko NAGANO】
天皇杯優勝を呼ぶ決勝点を決めた浦和レッズMF宇賀神【写真:Noriko NAGANO】

前半13分、練習通りこぼれ球に右足を振り抜き鮮やかなダイレクトボレー弾を炸裂

 浦和レッズのMF宇賀神友弥にとって、積み重ねたトレーニングが報われた瞬間が訪れた。9日の天皇杯決勝戦でベガルタ仙台と対戦した浦和は1-0で勝利。決勝ゴールを生み出したのが、宇賀神の鮮やかなダイレクトボレーだった。

 決勝戦らしく落ち着きのない立ち上がりになった試合が動いたのは前半13分だった。右コーナーキックを得た浦和はショートコーナーでリスタート。MF長澤和輝が入れたクロスはクリアされたが、その落下点にいち早く飛び込んだのが宇賀神だった。ボールの落ち際を右足インステップで捉えたダイレクトボレーは、ドライブ回転とともに美しい軌道を描いて仙台ゴールに突き刺さった。

 このプレーは、オズワルド・オリヴェイラ監督就任以降にセットプレーを重要視していた浦和にとって練習で繰り返したものだった。チームメイトのGK西川周作は「こぼれたところにはウガ(宇賀神)が常に練習から良い準備をしていたので。練習ではよくゴールの上にボールが飛んでいましたけど(笑)、打っていたからこそ今日につながったと思いますからね」と少し冗談めかして話した。

 主将のMF柏木陽介は、ゴールが決まった後に「練習の賜物だね」と宇賀神に声を掛けたという。キャラクターの明るさからイジられることも多いタイプだが、チームのために全力でプレーする姿は誰もが敬意を払っている選手だけに、決勝ゴールのスコアラーとして名前を刻んだことを誰もが喜んだ。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング