メッシは「止められない」 “アート級”の直接FK2発に反響拡大「バナナカーブ」

バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】
バルセロナFWメッシ【写真:Getty Images】

強烈なカーブをかけた一撃をゴール右上に突き刺すと、後半にはゴール左隅上を射抜く

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間8日に行われたリーガ・エスパニョーラ第15節エスパニョール戦で2本の直接FKを叩き込み、4-0の大勝に貢献した。芸術的な一撃を繰り出したレフティーに対し、「バナナカーブ」「フリーキックマスター」「止められない」と賛辞が送られ、反響は拡大している。

 メッシは同都市のライバル対決に意気上がるエスパニョールをいとも簡単に打ち破った。前半17分、自らの突破で得たゴール正面約24メートルの直接FKでキッカーを担当。得意の左足で蹴り上げたボールは強烈なカーブがかかり、ゴール右上隅に。相手GKディエゴ・ロペスも必死に手を伸ばしたが及ばず、高精度FKでバルサに先制点をもたらした。

 “メッシ劇場”は続く。前半27分に複数人の相手に囲まれながらボールをキープし、フランス代表FWウスマン・デンベレのゴールをアシストし、その後3-0となって迎えた後半20分にエスパニョールにとどめを刺したのがメッシの左足だった。

 ウルグアイ代表FWスアレスが倒されて得たゴールやや左27メートルの直接FKで、キッカーの位置にはメッシ一人だけ。エスパニョールの壁を越えたボールは、ゴール枠外から強烈なカーブでゴール左上隅を捉え、この日FKから2点目を叩き込んだ。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング