“高精度FK”2発&1アシストのメッシ、海外メディア満点評価 「地球上でほかにいない」

エスパニョールとの“バルセロナダービー”で2本の直接FKを叩き込み、4-0の大勝に貢献したメッシ【写真:AP】
エスパニョールとの“バルセロナダービー”で2本の直接FKを叩き込み、4-0の大勝に貢献したメッシ【写真:AP】

エスパニョール戦で圧巻の2得点1アシスト、米メディアも絶賛

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは現地時間8日のリーガ・エスパニョーラ第15節、エスパニョールとの“バルセロナダービー”で2本の直接FKを叩き込み、4-0の大勝に貢献した。米スポーツ専門局「ESPN」は、この試合でのバルセロナの選手採点を公開し、満点評価となる「10点」をつけて称賛している。

 同都市のライバル対決に意気上がるエスパニョールだったが、メッシはいとも簡単に均衡を打ち破った。前半17分、自らの突破で得たゴール正面約24メートルの直接FKで、キッカーを務める。得意の左足で蹴り上げたボールは強烈なカーブがかかり、ゴール右上隅に。相手GKディエゴ・ロペスも必死に手を伸ばしたが、指先でわずかに触れたことを褒めるべきほどの高精度FKによる今季リーガ10点目で、バルサに先制点をもたらした。

 メッシの勢いはとどまらない。前半27分には中央で複数人の相手に囲まれ、倒れながらもボールをキープ。左サイドでフリーになったフランス代表FWウスマン・デンベレにパスを送り、追加点が生まれた。その後3-0となった試合でとどめを刺したのは、やはりメッシだった。

 スアレスが倒されて得たゴールやや左27メートルの直接FKで、キッカーの位置にはメッシ一人だけ。エスパニョールの壁を越えたボールは、ゴール枠外から強烈なカーブでゴール左隅上を捉え、この日FKから2点目を叩き込んだ。

「ESPN」は、「常にメッシを中心とした前半の攻撃は素晴らしかった。あのようなプレーをすれば、バルセロナはリーグ連覇に向けて有望であり、(リーグ戦)2試合連続無失点はなお良い兆しだ」と試合を振り返り、「ローカルライバル相手に4-0で勝利すれば、不満な点はほぼない」と高く評価した。

 そして選手採点では、2ゴール1アシストのメッシを10点満点中の「10点」と評価。「今年のバロンドール投票では世界5位だったかもしれないが、このようなパフォーマンスを生み出す選手は地球上でほかにはいない」と絶賛し、「メッシは見事なFK2本を決め、デンベレのゴールをお膳立てした。彼のパスとドリブルは、他選手と比較すると一つ上の領域にある」と、称賛を惜しまなかった。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング