本田は「フィールドの全て」 メルボルンV守護神が明かす日本人助っ人の“陰の努力”

(左から)メルボルン・ビクトリーGKトーマス、MF本田【写真:Getty Images】
(左から)メルボルン・ビクトリーGKトーマス、MF本田【写真:Getty Images】

26歳のGKトーマス、ビルドアップに関して本田から練習中のアドバイスを告白

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑はオーストラリア挑戦1年目の今季、開幕6試合で4得点3アシストと圧巻のパフォーマンスを見せている。同僚GKは本田からアドバイスを受けたことを明かし、「試合に真の情熱を注いでいる」と絶賛している。

 今季開幕から全試合ゴールに絡んできた本田。1日のAリーグ第6節ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦(4-0)では、前半11分に左サイドのペナルティーエリア手前から上がったオーストラリア人MFテリー・アントニスのファーサイドへのクロスに反応し、強烈なヘディングシュートで3試合連続ゴールを奪ってみせた。

 衛星放送「FOXスポーツ」オーストラリア版によれば、アシスト数(3)、ゴール関与数(9)、シュートアシスト数(18)、アタッキングサードのパス成功数(109)、クロスチャレンジ数(51)、エリア侵入数(61)の6部門でリーグトップの数字をマーク。ゴール数(4)もチームトップにしてリーグ3位と攻撃を牽引している。

 もっとも、本田が存在感を示しているのはデータ上だけではない。オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」は、「ホンダはビクトリーの全ての水準を上げようとしている――GKでさえも」と特集。26歳のオーストラリア人GKローレンス・トーマスが持つ本田との練習でのエピソードを紹介している。

「一つ、ある例を挙げようと思う。確か第3節か第4節だったと思うけど、試合の2日後に彼が僕の元にやってきて、『ローレンス、後方でのプレーについて、君の持っているオプションをトレーニング後に話し合いたい』と言ってきたんだ。それから彼は30分ほど居残り、僕がどのようにプレーするべきか、模索すべきいくつかのオプションを提供してくれた。彼は試合に真の情熱を注いでいて、信じられないほどに鍛錬されている。クラブの全員が彼の頭脳を理解することができれば、トップレベルに到達するためにどのようにすればいいのかを学べるだろうね」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング