「常に脅威そのもの」 メルボルンV本田、3戦連続弾の“フル回転”ぶりに豪州紙も脱帽

今季4ゴール目をマークした本田【写真:Getty Images】
今季4ゴール目をマークした本田【写真:Getty Images】

前半11分、MFアントニスのクロスを頭で合わせて今季4ゴール目をマーク

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は、1日のAリーグ第6節ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦(WSW/4-0)に先発出場し、3戦連続ゴールとなる鮮やかな先制ヘディングシュートを叩き込んだ。チーム4連勝に貢献した日本人アタッカーに対し、地元紙も「常に脅威そのもの」と絶賛している。

 今季開幕から全試合ゴールに絡んでいる本田は、この試合でも強烈な存在感を放った。前半11分、左サイドのペナルティーエリア手前からオーストラリア人MFテリー・アントニスが浮き球のクロスを供給すると、ファーサイドへ走り込んだ本田が頭で合わせ、強烈な一撃でネットを揺らした。

 3試合連続弾でチームの4連勝に貢献した本田は、リーグ6試合で4ゴール3アシストと出色のパフォーマンスを継続。オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」も、「ビクトリーを4連勝に導いたホンダのフル回転」と熱視線を送っている。

「ビクトリーは速く、流動的でスマートさに溢れていた。そして、ワンダラーズは彼らの巧みなパスとペース、トイヴォネンが配置されたエリアを打ち消す術を持っていなかった。そして、並外れていたホンダは常に脅威そのものだった」

 同紙から「日本のスーパースター」と称された本田。鳴り物入りでAリーグ入りした注目度にふさわしい活躍は、オーストラリアでも絶賛の的となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング