移籍浮上のユナイテッドGK、後釜は誰? 海外メディアが「守護神候補5人」特集

(左から)アレオラ、オブラク、ナバス、ドンナルンマ、シレッセン【写真:Getty Images】
(左から)アレオラ、オブラク、ナバス、ドンナルンマ、シレッセン【写真:Getty Images】

ユナイテッドとの契約延長を固辞しているデ・ヘア、クラブは後釜を水面下で調査か

 マンチェスター・ユナイテッドの守護神を務めるスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの周囲が騒がしくなってきた。ユナイテッドの上層部はデ・ヘアがなかなか契約延長にサインをしないことで頭を抱えており、彼がチームを離れる場合に備えて新たな選手の調査を始めているとされる。そこで衛星放送「FOXスポーツ」は、デ・ヘアの代わりになれる選手を5人紹介。アトレチコ・マドリードのスロベニア代表GKヤン・オブラクらが取り上げられている。

 まずはUEFAチャンピオンズリーグ3連覇の経験を持つレアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイラー・ナバスだ。レアルにいくつものタイトル獲得をもたらしたGKだが、今季はベルギー代表GKティポー・クルトワの加入で出場機会が激減。現在はセカンドGKになっていることからも、レアルを離れてユナイテッドに移籍することが賢明だろうとしている。

 その他には、デ・ヘアの移籍先として名前が挙がっているパリ・サンジェルマンのフランス代表GKアルフォンス・アレオラ、バルセロナでドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの控えに甘んじているオランダ代表GKヤスパー・シレッセン、16歳の時に元スペイン代表GKディエゴ・ロペスの牙城を破りミランで正守護神となったイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマらが紹介されている。

 そして、もう一人がおそらく現在世界最高のGKと言って過言ではないオブラクだ。ただ、アトレチコのシュートストッパーには1億ユーロの違約金があるとされており、ユナイテッドが獲得する場合はこれをすべて支払わなければならない。もちろんオブラクのGKとしての能力は、そのお金を支払うだけの価値を持っており、デ・ヘアのように10年近く守護神を務め続けることができるのではないかと評価している。

 世界各国の名だたる守護神たちが候補に上がったリスト。果たして、この中からユナイテッドが獲得する選手は現れるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング