本田は唯一無二の存在 敵地での熱烈歓迎に海外感嘆「この男を除きAリーグにいない」

メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】
メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】

シドニーFC戦でPK奪取&決勝点で勝利の立役者に 敵地にも日本人ファンが大集結

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は25日に行われたAリーグ第5節シドニーFC戦に先発出場し、自身で得たPKを沈めて2-1の勝利に貢献した。決勝PKで2試合連続ゴールをマークしたなか、現地誌は敵地にもかかわらずチャントや熱狂的な歓迎を受けた背番号4に対して、「この歓迎を受けられるのは、この男を除いてAリーグにはいない」と最大級の賛辞を送っている。

 本田がネットを揺らしたのは、1-1で迎えた後半25分だった。ペナルティーエリア手前からのパスに抜け出した本田は、そのままエリア内に進入すると、シュートを警戒した相手DFの体を投げ出すタックルに遭い、転倒させられてしまう。これがPK判定となり、キッカーを務めた本田は、相手GKの逆を突くキックでゴール左隅に流しこんだ。

 試合はそのまま2-1でメルボルン・Vが勝利し、チームはリーグ3連勝を飾った。本田は5試合で3ゴール3アシストと大車輪の活躍を披露しており、衛星放送「FOXスポーツ」の公式ツイッターは「“シドニー陥落の設計士” メルボルン・Vにおける鼻高々な存在として、ケイスケ・ホンダは輝きを放っている」と速報していた。

 一方、スポーツ誌「スポーティングニュース」豪州版は、本田のプレー面以外にも着目。「ホンダは信じられないような歓迎を日本人ファンから受けた」との見出しで、試合後に敵地まで観戦に訪れた日本人ファンから、「写真を撮ってください!」「お疲れさまでした!」「キャーー」と声援や拍手を受けるなか、クラブスタッフやセキュリティーに付き添われてチームバスに乗り込む様子を収めた動画とともに、「この歓迎を受けられるのは、この男を除いてAリーグにはいない」と記している。

 記事では、「スーパースターのプレーメーカーに対して、ビクトリーのアウェーゴール裏から日本の有名な『ニッポン』のチャントが沸き起こった」と、シドニーFCのホームにもかかわらず、本田の決勝PK後に「ニッポンコール」が起こったことにも驚きを示している。

 本田の影響力は、新天地オーストラリアでも変わらず絶大なようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング