「イニエスタとポドルスキが狂った試合に…」 “大荒れ”清水戦の乱闘騒動に海外注目

「イニエスタとポドルスキはこれまで裕福なキャリアを歩んできたが…」

 ベルギーメディア「voetbalkrant」は「イニエスタとポドルスキが狂った試合に巻き込まれた。6ゴール、GKの得点、2枚のレッドカード、そして、19分間のアディショナルタイム」と見出しを打って特集。「イニエスタとポドルスキはこれまで裕福なキャリアを歩んできたが、この土曜の試合は彼らの中で長きにわたり記憶に留まることになるだろう」と綴っている。

 また、ルーマニア紙「GAZETA SPORTURILOR」は「イニエスタとポドルスキはバルセロナやバイエルン・ミュンヘンのようなクラブでプレーしてきたが、長いキャリアでこのようなことは起こらなかった」と、百戦錬磨の二人ですら経験にないような出来事だったと指摘。海外メディアの目には、後半ATが19分間に及ぶ一戦は異様な光景として映ったようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング