“神の子”トーレスの殊勲弾に母国紙も脚光 「鳥栖に狂喜乱舞もたらす」「日本のヒーロー」

鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】
鳥栖FWトーレス【写真:Getty Images】

トーレスが今季リーグ3得点目を決め、J1残留に向けた重要な勝利に貢献

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは24日に行われたJ1第33節の横浜F・マリノス戦で決勝ゴールをマークし、2-1の逆転勝利に貢献した。母国スペインメディアも“神の子”(トーレスの愛称)がチームを救うために決めた重要なゴールにスポットライトを当てている。

 15位の鳥栖は、14位湘南ベルマーレ、16位名古屋グランパスと勝ち点37で並んだ状況で、残留の命運を分ける重要な一戦を迎えた。この日もキャプテンマークを巻き、先発で2トップの一角に入ったトーレス。1-1で迎えた後半33分に魅せた。

 途中出場の元日本代表FW金崎夢生のパスに反応したトーレスが、ペナルティーエリア手前で右足アウトサイドによる華麗な切り返しを見せ、相手DFを振り切ると、そのまま右足を一閃。鋭いグラウンダーのシュートはゴール左隅に吸い込まれ、今季リーグ3得点目となる値千金の決勝弾となった。試合はこのまま2-1で終了し、貴重な勝ち点3を獲得した。

 “神の子”が披露した活躍に、母国メディアも惜しみない賛辞を送っている。スペイン紙「AS」は、「トーレスが鳥栖に狂喜乱舞をもたらす」と特集し、鳥栖の残留について「まだ完全に決まったわけではないが、大きな一歩だ」と説明している。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング