本田、“パスカット弾”で勝利直後に子供らへ神対応 動画公開「すごい賑わい」「ヒーロー」

メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】
メルボルン・ビクトリーMF本田【写真:Getty Images】

セントラルコースト戦で先制弾、試合後にユニフォーム姿のままファンサービス

 オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は11日、リーグ第4節のセントラルコースト・マリナーズ戦で先制ゴールを挙げ、4-1の勝利に大きく貢献した。先制点を叩き込んだ本田は、開幕から4試合連続でゴールに関与するなど圧倒的な存在感を放っており、現地でも人気急上昇中。試合直後には子供たちから“サインやハイタッチ攻撃”に遭うも、快く対応。自身の公式インスタグラムでその様子を公開すると、海外ファンから「スーパースター」「すごい賑わい」など反響を呼んでいる。

 セントラルコースト戦では序盤からメルボルン・Vが主導権を握ると、前半30分に本田が輝きを放った。敵陣深くで相手のパスを奪うと、そのままドリブルでペナルティーエリア内に侵入し、相手GKの横を抜く強烈なシュートをゴール左隅に流し込んだ。試合は本田の移籍後2ゴール目の活躍もあり4-1と勝利し、今季初の連勝を飾っている。

 開幕から4試合すべてでゴールに関与している本田は、チーム総得点8のうち、2得点3アシストで60%以上に絡むなど圧巻のパフォーマンスを続けており、現地でも“本田人気”はうなぎ登りだ。

 そんな日本人アタッカーは試合後にスタンドに歩み寄ると、サインやハイタッチをねだる子どもたちの要望に応じ、試合直後ながらユニフォーム姿のままで対応。「ホンダー!」の声が飛び交うなか、シャツなどにサインを書いたかと思えば、自撮り撮影に一緒に写り込み、快くハイタッチしている。

 本田は自身の公式インスタグラムでその様子を映した動画を公開。すると返信欄では日本人ファンから「子供達のラブコール」「有言実行!めっちゃカッコいい」「素晴らしい」「誇らしい!」などの声が上がった。また海外ファンも英語などで書き込んでおり、「ナイスゴール」「すごい賑わい」「よくやった」「スーパースター」「キング」と、この日の活躍や人気ぶりに触れている。

 新天地で結果を残し、着実に地歩を固めている本田。次節は25日のシドニーFC戦となるが、2試合連続弾でファンに勝利を届けられるだろうか。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング