「強がっていたけど…」 引退会見の元日本代表GK川口能活が「身長コンプレックス」を告白

GK川口は、身長コンプレックスがあったと告白している【写真:Getty Images】
GK川口は、身長コンプレックスがあったと告白している【写真:Getty Images】

兄の勧め、そして「若林くんや若島津くん」に憧れて始めたサッカー

 J3のSC相模原に所属する元日本代表GK川口能活は4日に現役引退を発表し、14日に引退記者会見に臨んだ。人気漫画『キャプテン翼』のキャラクターである「若林くんや若島津くんに憧れた一人」とサッカーの始めたきっかけを語った一方、プロ時代には“身長コンプレックス”があったと告白している。

 サッカーの世界に足を踏み入れたのは、兄の影響だったという。「僕には兄がいるんですけど、その兄の勧めです。兄は僕がサッカーチームに入る前からGKの練習をさせてくれた」という。また「あとはキャプテン翼ですね」と人気漫画からも刺激を受けたと振り返る。

「僕は翼くんや日向くんより、(GKの)若林くんや若島津くんに憧れた一人なんですけど、その二つがキッカケになりました」

 漫画のキャラクターに憧れた抱いた少年は着実に成長を遂げ、プロとしてピッチに立ち、ついには日の丸を背負ってワールドカップ4大会に出場。いつか描いた夢を叶え、自身がまるで漫画の登場人物のような軌跡を歩み続けた。

「GKを続けたことが何をもたらしてくれたかというと、僕は上背があるわけではない。そのなかで練習を続け、自分が足りないと思ったことに努力を続け、そこでこれだけ長いプロ生活を送ることができた」

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング