本田の技あり“パスカット弾”に海外称賛 「ホンダ以外に誰がいる?」「冷静なフィニッシュ」

先制ゴールを決めた本田【写真:Getty Images】
先制ゴールを決めた本田【写真:Getty Images】

敵陣でのパスカットから相手GKケネディの守備を打ち破る先制ゴールをマーク

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は11日、リーグ第4節でセントラル・コースト・マリナーズと対戦。前半30分にパスカットからゴール左隅に流し込み、先制点を挙げた。オーストラリアメディアも「冷静なフィニッシュ」「ケイスケ・ホンダ以外誰がいる?」と速報している。

 序盤からメルボルン・Vが主導権を握った一戦は前半10分、ショートカウンターから本田が右サイドを駆け上がり、ゴール前のニュージーランド代表FWコスタ・バルバルセスを狙うも、クロスはややズレてシュートチャンスに持ち込めず。同13分には、ペナルティーアーク後方約25メートルの距離から巻き気味のボールでゴール左を襲ったが、GKのセーブに遭い、ゴールはならなかった。

 本田にボールが集まり、攻勢を仕掛けるなかで迎えた前半30分、本田は敵陣深くで最終ラインのボール回しをカット。そのままペナルティーエリア内に持ち込み、相手GKベン・ケネディの横を抜き、ゴール左隅に先制弾を突き刺した。

 本田のゴールは開幕戦以来2点目。この時点で今季チームが挙げた5得点の全てに絡む(2得点3アシスト)活躍を受け、衛星放送「FOXスポーツ」のサッカー専門ツイッターは、「30分:ゴール ケイスケ・ホンダ以外誰がいる? ビクトリーのスターはボールを奪い、ベン・ケネディを打ち負かす」と速報した。Aリーグ公式ツイッターも「ケイスケ・ホンダが冷静なフィニッシュ」と伝えている。

 メルボルン・Vは前半35分にオーストラリア代表MFジェームズ・トロイージ、アディショナルタイムにはオーストラリア人DFコーリー・ブラウンにゴールが生まれ、3点のリードを奪って前半を折り返した。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング