まだ見ぬ世界の舞台へ 韓国女子MFイ・ミナ、自身初のW杯に高まる“エースの自覚”

韓国女子代表のエース格であるMFイ・ミナ【写真:Getty Images】
韓国女子代表のエース格であるMFイ・ミナ【写真:Getty Images】

U-17、U-20と年代別W杯に出場も女子W杯は未経験 A代表での世界大会は「とても楽しみ」

 女子サッカー界は2019年、フランス女子ワールドカップ(W杯)という一大イベントを迎える。11年以来となる優勝を目指すなでしこジャパン(日本女子代表)にとって、東京五輪に向けた重要な戦いになるが、ビッグトーナメントであることは他国も同じだ。韓国女子代表のエース格であるMFイ・ミナ(INAC神戸レオネッサ)は、「韓国女子サッカーの発展に貢献したい」と思いを語った。

 12年に韓国A代表デビューを飾ったイ・ミナ。17年12月のE-1選手権ではエースナンバーの10番を背負い、今年8月のアジア大会準決勝では日本相手に鮮やかなゴールを決めるなど、主軸としてチームを牽引している。日本の選手にとって日の丸を背負って戦うのが特別なように、イ・ミナも韓国代表の赤いユニフォームを身に纏うことで気持ちが引き締まるという。

「韓国女子サッカー代表としてプレーすることはとても光栄です。選手として、とても嬉しく、ポジティブな気持ちでプレーができます」

 08年のU-17W杯、10年のU-20W杯と年代別の世界大会を経験してきたイ・ミナだが、A代表でのW杯出場はまだ経験がない。それだけに、まだ見ぬ景色への期待は大きいという。

「私はまだW杯に出たことがないので、とても楽しみです。メンバー入りできたら、韓国女子サッカーをたくさんの人に知ってもらいたいし、韓国女子サッカーが発展できるように、貢献したいと思っています」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング