「幸運を!」 日本代表DF植田、ACL優勝を狙う古巣鹿島に“同居人”とともにエール

植田直通が古巣鹿島の20冠目に向けた戦いに思いを馳せた【写真:Getty Images】
植田直通が古巣鹿島の20冠目に向けた戦いに思いを馳せた【写真:Getty Images】

ACL決勝第2戦に臨む古巣に、鹿島ユニを着たクマのぬいぐるみの写真を投稿してエール

 鹿島アントラーズは現地時間10日(日本時間11日24時)、AFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦でペルセポリス(イラン)と対戦する。クラブ史上初のアジア王者を懸けた大一番となるが、元鹿島の日本代表DF植田直通(セルクル・ブルージュ)はインスタグラムで、“同居人”のある人物の写真とともに「幸運を祈ります!」とエールを送った。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 鹿島は3日に行われたホームでの第1戦、後半にMFレオ・シルバ、MFセルジーニョのブラジル人コンビがゴールを決め、2-0と勝利してアドバンテージをとった。

 勝負の第2戦は敵地開催。会場のアザディスタジアムは準決勝でもペルセポリスサポーターがおよそ8万人詰めかけており、鹿島にとっては完全アウェーとなる。アジアタイトルを懸けた大一番を控え、エールを送ったのが今年7月まで所属していた植田だ。

 植田は大津高から2013年に鹿島に加入。6年半の在籍期間中にリーグ優勝1回、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)優勝1回、天皇杯優勝1回を経験した。ロシア・ワールドカップ後、さらなる成長を求めてベルギー1部のセルクル・ブルージュへの移籍を決断した。

「BOA SORTE!(幸運を祈ります!)」

 インスタグラムで一言エールを綴った投稿には、鹿島のユニフォームを着たクマのぬいるぐみの写真を添付。ハッシュタグには「#同居人のクマ」と綴り、古巣の20冠目に向けた戦いに思いを馳せた。

 コメント欄には、「植田選手の応援は心強い」「100回くらいいいね押したい」という感謝から、「女子か笑 優勝しようね!」とお茶目なクマのぬいぐるみに対するツッコミも見られた。

 鹿島は植田の思いも背負い、クラブ史上初のアジアタイトル獲得に挑む。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング