なでしこジャパンの新星候補・18歳FW宮澤ひなた、高校時代の恩師が語る覚醒の“原点”

なでしこジャパンの新星候補として期待が寄せられている18歳FW宮澤ひなた【写真:Getty Images】
なでしこジャパンの新星候補として期待が寄せられている18歳FW宮澤ひなた【写真:Getty Images】

星槎国際湘南高女子サッカー部・柄澤俊介監督の流儀、一芸に頼らず総合力向上を求める

 なでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)1部第17節のAC長野パルセイロレディース戦で、日テレ・ベレーザは優勝を決めた。右サイドをドリブルで突破し、決勝ゴールの起点となったのが、ルーキーの18歳FW宮澤ひなただ。前半は左ウイング、後半は右に回ってプレーした。

【PR】プレー集やゴールショー、国内外サッカーのトレンドを『DAZN』で確認しよう!

「右に回ってからは、ずっとボールを受けても後ろに下げていました。だから、あの時も『後ろに下げるんじゃないか』と相手は思ったんじゃないでしょうか。それまでよりも、ほんの少し内側に寄っていて、距離も空いていました」

 試合の残り時間が15分ということも加味して仕掛けた、と宮澤は付け加えた。事前にいくつかの選択肢を用意し、対戦相手と試合の状況を見て、プレーを決める。90分間のゲームのなかで、勝負どころを見極め、最後までしっかりと怖さを感じさせる選手になる。筆者が初めてそのプレーを見た時から3年、着実な成長を感じさせた。

 宮澤が高校時代に籍を置いた星槎国際湘南高。女子サッカー部の柄澤俊介監督は「将来、世界に通じるような選手に育ってほしい」と育成年代に必要なものを落とし込む。何しろ、全国大会初出場で、名門・常盤木学園(宮城)を相手に、ボールを大事にするサッカーで徹底抗戦したほどだ。同世代相手にしか通じない一芸に頼らせず、トータルの力を高められるよう、導いていく。それがこの指揮官の流儀だ。

 目先の勝ち負けを疎かにしているわけではない。だが優先順位はハッキリしている。「今、全国大会で勝とうと思ったら『圧倒的な技術と精度を身につける』か、または『一つのことをやり切らせる』かのどちらかでしょう。ただし、ウチのチームには、後者の選択肢はない」と言い切る。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング