「史上最高のワンツー」 MLSの“ロケット級”ボレー弾に脚光「眺めることしか…」

レアル・ソルトレイクMFルスナーク【写真:Getty Images】
レアル・ソルトレイクMFルスナーク【写真:Getty Images】

ソルトレイクMFルスナークが味方選手との連係から鮮やかなダイレクトボレーで先制

 米MLS(メジャーリーグサッカー)でワンツーから見事なロケット弾が誕生した。レアル・ソルトレイクは現地時間4日、プレーオフ準決勝第1戦でカンザスシティと対戦し、1-1と引き分けた。トップ下を担うスロバキア代表MFアルベルト・ルスナークが鮮烈なダイレクトボレーで決めた先制ゴールをリーグ公式インスタグラムが動画付きで紹介している。

 スコアが動いたのは0-0で迎えた後半6分だった。ペナルティーアーク付近でボールを受けたルスナークは、ダイレクトで前線に柔らかな浮き球を供給した直後、ゴール前へとダッシュ。クロアチア人MFダミル・クレイラフが頭で落とすと、ルスナークが右足を振り抜き、矢のように放たれたシュートはゴール右上に突き刺さった。

 後半15分に同点弾を決められ、ホームで1-1と引き分けて第2戦に臨むことになったなか、MLS公式インスタグラムは「ロケットが炸裂!」とルスナークの先制弾を公開。コメント欄では「4人の守備陣が彼を眺めることしかできなかった」「なんて素晴らしい一撃なんだ!」「史上最高のワンツーからのゴールだ」「雄大なシュートだ」とファンから賛辞が送られた。

 米メディア「SB Nation」も「ルスナークのゴールはMLSプレーオフ史上最高のものとなり、この後の戦いにおいてもベストに変わりないだろう」と称賛した。

 ただ、司令塔としてチームを牽引するルスナークだが、この日のイエローカードにより、累積警告で次戦は出場停止。ソルトレイクにとっては大きな痛手となりそうだ。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング