メルボルン・V本田は「キーパスがアイデンティティ」 チーム全得点演出に元敵将も脱帽

メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑【写真:Getty Images】
メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑【写真:Getty Images】

開幕3試合で1ゴール3アシストの活躍を披露している本田

 オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑は現地時間3日に行われた第3節ニューカッスル・ジェッツ戦で決勝ゴールをアシストし、1-0の勝利に貢献した。開幕3試合で1ゴール3アシストとチームの全得点に絡む活躍を披露している。元ニューカッスル・ジェッツの指揮官も、本田の見事なパフォーマンスに注目している。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 これまでと同様に4-4-2の中盤ダイヤモンドシステムの右インサイドハーフに配置された本田は0-0で迎えた後半26分、右サイドでボールを受けると、相手マーカーを引きつけたところで、ボックス手前に構えていたオーストラリア代表MFテリー・アントニスにパスを供給。そのままアントニスは豪快に左足を振り抜き、ゴール右隅に突き刺した。

 開幕戦のメルボルン・シティ(1-2)で1ゴール、第2節のパース・グローリー(2-3)で2アシストと結果を残し、この試合でも1アシストを残したことから、本田は今季のチーム4得点全てに関与している。その活躍を受けて、元オーストラリア代表であり、今回の対戦相手ニューカッスル・ジェッツで指揮官を務めた経験も持つスコット・ミルナー氏は、本田のパフォーマンスを称えている。衛星放送「FOXスポーツ」が伝えている。

「ワイドな場所から素早いコンビネーションを見せ、ホンダのスペースはニューカッスルにとって懸念点となっていた。彼はターンが可能で、キーパスがアイデンティティとなっている。先週も近い位置で彼はアントニスの良さを引き出していた」

 開幕2試合は本田の好パフォーマンスがチームの結果に直結しなかったものの、3試合目にしてようやく勝ち点3を手繰り寄せた。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング