鹿島DF、ACL決勝開始4分に気迫の“顔面ブロック” 相手がハンド主張で抗議も却下

鹿島DFチョン・スンヒョン【写真:Getty Images】
鹿島DFチョン・スンヒョン【写真:Getty Images】

相手のシュートを鹿島DFチョン・スンヒョンが阻止、鹿島の本拠地も大声援

 鹿島アントラーズは3日、県立カシマサッカースタジアムでAFCチャンピオンズリーグ決勝第1戦ペルセポリス戦に臨み、開始早々に大ピンチを迎えるも気迫の顔面ブロックで決定機を阻止し、会場は大歓声に包まれた。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

 水曜日のリーグ戦セレッソ大阪戦(1-0)は若手主体で勝利を手にした鹿島は、そこから先発9人を変更。U-19日本代表の一員としてアジア選手権で活躍したFW安部裕葵も先発に名を連ねた。

 本拠地で昨季イラン王者のペルセポリスを迎え撃った一戦で、鹿島はキックオフ直後にピンチを迎える。前半4分、左サイドからクロスを放り込まれると、相手FWの頭に当たってファーサイドに流れ、こぼれ球をFWアリ・アリプールがシュート。ゴール手前で打たれたシュートに対して、鹿島DFチョン・スンヒョンが顔面でブロックして事なきを得た。

 開始4分であわや失点という場面での気迫あふれるプレーに、鹿島の本拠地は大声援に包まれた。ペルセポリス側は主審を囲んでハンドを主張したが、DFチョン・スンヒョンが間違いなく顔面に当てて阻止しており、主審も抗議を退けている。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング