U-19日本代表DF東俊希、“観衆唖然”の30mミドル弾に海外衝撃 「アンストッパブル」

約30メートルのミドル弾を叩き込んだDF東俊希【写真:ⒸAFC】
約30メートルのミドル弾を叩き込んだDF東俊希【写真:ⒸAFC】

膠着状態のなか迎えた前半40分、左足を振り抜いた一撃は矢のような弾道でゴールへ

 U-19日本代表は28日に行われたU-19アジア選手権の準々決勝で開催国インドネシアを2-0で破り、2大会連続10回目のU-20ワールドカップ(W杯)出場権を獲得した。6万人超の観衆が詰めかける完全アウェーのなか、雰囲気を一変させたのは先制点を決めたDF東俊希だった。矢のように鋭く伸びる約30メートルのスーパーミドル弾は、「アンストッパブル」「観衆は唖然!」と称賛されている。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 勝てば出場権獲得、敗れれば大会から姿を消して敗退という大一番。直近5大会のうち4大会はベスト8で敗れて世界への挑戦権を獲得できなかった。その一戦に日本はFW久保建英とFW宮代大聖の2トップで臨み、最終ラインのDF橋岡大樹やGK谷晃生をスタメン復帰させるなど、グループリーグ第3戦イラク戦(5-0)からは大きくスタメンを入れ替えた。

 前半11分、ゴールから約30メートルで得たFKを久保が右サイドに高く上げると、抜け出した橋岡が相手GKの上からヘディングで叩いてボールはゴールに吸い込まれた。しかし、これはオフサイドの判定で認められず。その3分後には、MF藤本寛也が無念の負傷交代となり、早々にグループリーグ3試合連続ゴールのFW斉藤光毅を投入する形となった。

 そして、0-0のまま迎えた前半40分だった。左サイドの約30メートルの位置でボールを持った東は左足を一閃。矢のように鋭く伸びるロングシュートがゴール右上に突き刺さり、値千金の先制ゴールが生まれた。この一撃でリードを奪った日本は、後半にインドネシアに攻め込まれるも体を張った守備で耐え、逆に後半25分に久保のアシストから宮代がダメ押し弾。2-0で開催国を破り、来年にポーランドで行われるU-20W杯の出場権を手にした。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング