メルボルンV本田圭佑が2アシスト! 今季全ゴールに絡む大活躍も開幕2連敗

2アシストの活躍を見せた本田【写真:Getty Images】
2アシストの活躍を見せた本田【写真:Getty Images】

前半で2失点を喫するも本田のアシストで反撃 終了間際に失点して2-3で黒星

 メルボルン・ビクトリーのMF本田圭佑が、28日のリーグ第2節パース・グローリー戦に2試合連続でスタメン出場。アウェーチームに押される時間が続くなか、後半に豪州初アシストを決めると、同42分にはCKから同点弾を演出して一時2-2の同点に持ち込んだが、アディショナルタイムに失点して2-3で敗れた。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 パース・グローリー戦に向けた練習でふくらはぎの負傷が報じられた本田だったが、2試合連続でスタメン出場。リーグ開幕戦メルボルン・シティ戦(1-2)と同じ、中盤がダイヤモンド型の4-4-2を採用し、オーストラリア代表MFジェームズ・トロイージがトップ下、本田は右インサイドハーフに入った。

 試合は前半8分、相手に右サイドを崩され、折り返されたところをFWジョエル・チアニーズに押し込まれて先制を許した。メルボルン・Vは本田とトロイージへの縦パスを狙われ、相手の素早いチェックに上手く攻撃を組み立てられず。同23分には最終ラインとGKの連係ミスからあっさり失点し、前半は2点のビハインドを背負って折り返した。

 しかし後半2分、右サイドの本田がカットインから縦パスを供給。ボールを受けたMFテリー・アントニスがペナルティーアーク後方から左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートは右ポストを直撃して反対側のゴールネットに突き刺さった。本田は前節の今季チーム第一号に続き、2試合連続でゴールに絡み、1点差に詰め寄った。

 後半16分には、右サイドからゴール前のニュージーランドFWコスタ・バルバルセスに浮き球のパスを送ってチャンスを演出。さらにその7分後には、ショートカウンターから横パスにダイレクトで左足を振り抜くも、相手GKのセーブに遭って同点とはならなかった。

 メルボルン・Vは後半30分、ドイツ人DFゲオルク・ニーダーマイアーが相手GKとの接触プレーで負傷交代。敗戦目前の同42分、本田の左CKをニュージーランド代表DFストーム・ルーがニアで合わせて2-2の同点に追いついた。しかし、アディショナルタイムにパース・グローリーのカウンターを食らって勝ち越し点を奪われて2-3で敗戦。本田は今季チームが挙げた3点全てに絡む活躍を見せたが、チームは開幕2連敗となった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング