“ジーコの秘蔵っ子”セルジーニョ、殊勲の同点弾を自画自賛 「“神様コース”のシュート」

1得点1アシストをマークした鹿島アントラーズMFセルジーニョ(右)【写真:Getty Images】
1得点1アシストをマークした鹿島アントラーズMFセルジーニョ(右)【写真:Getty Images】

後半37分、鹿島セルジーニョがチーム3点目を決めて2戦合計スコア6-5で初の決勝進出

 鹿島アントラーズをクラブ史上初のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝に導いたのは、“ジーコの秘蔵っ子”だった。24日に行われた水原三星との準決勝第2戦、鹿島は一度は合計スコアで逆転を許したものの、アウェーゴール3得点で3-3、合計スコア6-5で勝ちきった。この試合で1得点1アシストをマークしたMFセルジーニョはジーコTDから「決勝に行って負けたら意味がない」と言われていることを明かし、早くも必勝を期した。

【PR】J.ZONE PLUSでしか見られない名預言者!解説者水沼貴史氏が感じる「入るシュートの感覚」とは?

「本当にチーム全員で、チームメイトのおかげで勝つことができた。決勝の舞台の切符を手に入れたわけで、決勝でトロフィーを手にすることを目標としたいです」

 殊勲の背番号18は試合直後のフラッシュインタビューで開口一番こう語った。この日の撃ち合いは、セルジーニョがいたからこそ鹿島は切り抜けられた。

 前半24分、左サイド約35メートルの位置で得た直接FK。キッカーのセルジーニョが蹴ったボールはゴール前に走り込んだ元日本代表DF山本脩斗が頭で合わせて先制。後半に入ると8分間で3失点を喫したものの、元日本代表DF西大伍のゴールで合計スコアを戻して迎えた後半37分、右スローインからFW鈴木優磨がつないだボールを、ゴール前にいたセルジーニョが右足一閃。相手GKのニア上を打ち破り、決勝進出を事実上決める一撃となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング