「敗因は私」 長谷部誠、大接戦のサッカーテニスで見せた“咆哮ショット”に反響

フランクフルトのMF長谷部誠【写真:Getty Images】
フランクフルトのMF長谷部誠【写真:Getty Images】

ELアポロン戦を控えるなか、トレーニングのサッカーテニスで悔しい敗戦

 フランクフルトは今季ここまでリーグ戦4勝1分3敗で7位につける。現地時間25日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第3節アポロン戦に向けて調整を続けるなか、元日本代表MF長谷部誠が公式インスタグラムを更新。トレーニング内でのサッカーテニスで大接戦の末に敗れ、「敗因は私」と天を仰いで咆哮し、グラウンドに倒れ込む写真を公開している。

 今季もボランチとリベロで併用されている長谷部は、公式戦9試合に出場。特にリベロで放つ存在感は目を引くものがあり、4日のELグループステージ第2節ラツィオ戦(4-1)でフル出場した際にはアディ・ヒュッター監督から「マコトはメッシやロナウドらワールドクラスに近かった」と最大限の賛辞を受けた。

 25日にはELグループステージ第3節アポロン戦を控えるなか、長谷部は自身の公式インスタグラムで練習の模様を公開した。ハッシュタグ(以下、#は省略)には「サッカーテニス」と記されており、トレーニングの一環としてメニューに取り入れられたようだが、そこには写真とともに“反省”が綴られていた。

「サッカーは常に楽しみと共に ちなみに大接戦の末に負けました 敗因は私 最後試合を決めにリスクを背負ってしまいました 辛抱強さを学ばなければ」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング