衝撃デビューの本田圭佑、Aリーグ公式が“3つの能力”称賛 「目を見張るものがあった」

衝撃デビューの本田がリーグ公式の週間ベストイレブンに選出された【写真:Getty Images】
衝撃デビューの本田がリーグ公式の週間ベストイレブンに選出された【写真:Getty Images】

週間ベスト11に選出 メルボルン・V初戦で見せた「ビジョン、パス能力、運動能力」を評価

 オーストラリア1部Aリーグのメルボルン・ビクトリーでデビュー戦ゴールを記録した元日本代表MF本田圭佑が、リーグ公式の週間ベストイレブンに選出された。寸評ではその「ビジョン」「パス能力」「運動能力」が称賛の対象となった。

【PR】DAZNはサッカー以外にも!画質・コンテンツも続々強化中!

 2008年にオランダのVVVフェンロに移籍したのを皮切りに、ロシア強豪CSKAモスクワ、イタリアの名門ACミラン、メキシコの強豪パチューカを渡り歩き、今季から海外挑戦5カ国目となるオーストラリアに新天地を求めた本田。デビュー戦となった20日のAリーグ開幕戦メルボルン・シティ戦では、前半28分にヘディングシュートでいきなりゴールネットを揺らした。

 左足のキックに定評のある本田だが、この日はストライカーばりの動きを披露。右サイドからのクロスに対し、DF二人の間にするすると入り込み、体を捻りながらのヘディングでボールをゴール左隅に流し込んだ。

 本田をベストイレブンに選出したAリーグ公式サイトは、その活躍を「期待以上」と評した。そして、特に3つの点で本田を高く評価している。

「ホンダはマーベルスタジアム全体の編曲家だった。二人のシティDFの間で真のゴールへの本能を見せ、ビクトリーにリードをもたらした。彼のビジョン、パス能力、そして運動能力は目を見張るものがあった」

 試合全体を見るビジョン、チャンスを演出するパス、そしてゴール前で発揮されたアスリートとしての運動能力の高さを称賛された本田。チームは1-2で敗れたものの、背番号4を背負ったレフティーはオーストラリアの地で、いきなり強烈なインパクトを残すことに成功した。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング