横浜FM監督、ギリシャ代表就任の噂浮上 豪紙報道「日本での指揮をショートカットか」

横浜F・マリノスを率いるポステコグルー監督【写真:荒川祐史】
横浜F・マリノスを率いるポステコグルー監督【写真:荒川祐史】

生まれ故郷のギリシャの代表監督就任に前向きと豪州紙は指摘

 J1横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督にギリシャ代表就任の噂が浮上している。母国のオーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」が報じた。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 ポステコグルー監督は2013年にオーストラリア代表監督に就任。ブラジル・ワールドカップ(W杯)ではスペイン、オランダ、チリと強豪ひしめくグループで全敗を喫したが、ロシア・ワールドカップ予選でも大陸間プレーオフを勝ち抜いて4大会連続の本戦出場に導いた。

 代表監督を辞任して今季から横浜FMの指揮官の座に就くと、サイドバック(SB)を中央でプレーさせることで中盤に厚みをもたらす“偽SBシステム”で攻撃的なサッカーを展開して話題を呼んだ。

 記事によると、2020年の欧州選手権やカタールW杯に向け、監督交代を模索しているギリシャがポステコグルー監督に白羽の矢を立てたという。

「ポステコグルー自身もJリーグの日程を終えた段階で、彼の生まれ故郷である国に貢献するため、日本のクラブでの指揮をショートカットすることを検討している。今季はJリーグで難しいスタートを強いられていたが、後半戦は横浜FMの反撃を楽しんでいる。そして、リーグカップでは就任初年にして決勝まで勝ち上がり、タイトルに王手をかけている」

 オーストラリア国籍のポステコグルー監督だが、出身地はギリシャのアテネで、同国代表の指揮に関心を寄せているという。10月27日には17年ぶりのルヴァンカップ優勝を懸けて湘南ベルマーレと決勝を戦うが、果たして今季限りで日本を去ることになるのだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング