「最高にスペクタクル」な日本の攻撃 英記者は大迫を絶賛「高次元のスキルの融合」

森保ジャパン初得点を決めたFW大迫【写真:Getty Images】
森保ジャパン初得点を決めたFW大迫【写真:Getty Images】

堅守誇るウルグアイ相手の4ゴールにチャーチ記者も脱帽 「感銘的だった」

 日本代表は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で4-3と壮絶な打ち合いを演じ、森保一監督の就任後3連勝を飾った。ロシア・ワールドカップ(W杯)で16強に入ったチームの主力となった海外組も融合させ、2022年カタールW杯へ向かって最高の船出を飾ったと言える。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者マイケル・チャーチ氏は、FIFAランキングで5位の強豪ウルグアイとの激闘をどのように見たのか。

 4ゴールと爆発した攻撃陣のなかで、1得点をマークしたFW大迫勇也(ブレーメン)の攻撃面のオーガナイザーとしての能力を高く評価。黒子役としての働きもしっかりとこなした男の万能性を、かつての日本最強ストライカーにたとえている。

  ◇    ◇    ◇

 世界ランク5位で、堅守で名高い南米の雄を相手に“サムライブルー”は見ていて素晴らしい試合をしてくれた。

 この試合で最も感銘的だったのは、いずれも日本は失点するたびに、DFディエゴ・ゴディン擁するウルグアイ守備陣にゴールで対抗したことだ。強烈なインパクトだった。

 MF堂安律とMF中島翔哉は、中盤で素晴らしいコンビを見せた。主役級の活躍を見せてくれたが、この二人が前を向いてアグレッシブなプレーをできたのは、守備的MFを務めたMF遠藤航とMF柴崎岳の二人のおかげだ。縦パスと流麗な連携から、前線に好パスを供給していた。

 MF南野拓実はまたしてもゴールを決めた。中島のパスから生まれた1点目は完全なる個人技。一瞬のターンで百戦錬磨のゴディンを欺き、見事なゴールを決めるという才気あふれる船出となった。

【PR】UCL分析&ハイライト番組『UCL IN FOCUS』がDAZNで絶賛公開中、加入してチェックだ!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング