絶好調の南野、元同僚の韓国代表FWが本音を吐露 「友の活躍は嬉しい。だけど…」

(左から)韓国代表FWファン・ヒチャン、日本代表MF南野【写真:Getty Images】
(左から)韓国代表FWファン・ヒチャン、日本代表MF南野【写真:Getty Images】

ザルツブルクで同僚だったファン・ヒチャンが代表3戦4ゴールの南野に言及

 日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は、16日の国際親善試合ウルグアイ戦で殊勲の2ゴールを決め、4-3で勝利する立役者となった。新体制3試合4発と絶好調の南野の活躍を受け、昨季までクラブの同僚で、友人でもあった韓国代表FWファン・ヒチャン(ハンブルガーSV)も刺激を受けたようだ。韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」が報じている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 森保一監督体制で3試合連続スタメンとなった南野は、トップ下でプレー。前半10分、左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ)から斜めのグラウンダーパスを受けると、足の間を通すトラップで華麗な反転ターンを披露し、そのまま右足を一閃。ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラのセーブを弾くようにしてゴールネットを揺らした。

 さらに3-2で迎えた後半21分、相手DFのミスを逃さずにMF堂安律(フローニンゲン)が左足シュートを放ち、相手GKが弾いたところを南野が右足ダイレクトボレーで押し込んで、この日2点目となるゴールでウルグアイを突き放した。

 強豪ウルグアイ相手に大車輪の活躍を見せた南野だが、記事ではザルツブルク時代に親友だったファン・ヒチャンのコメントを伝えている。

「彼は僕にとって親友さ。そして、有能なプレーヤーだ。友の活躍は嬉しい。だけど、南野がゴールを決めたから僕もモチベーションを駆り立てるという形ではなく、自分が代表であまり得点を決められていないから自分自身で刺激を与える、という形が望ましいね」

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング