「偉大な影響力」と堂安に最高評価 英記者がウルグアイ戦の日本代表“先発11人”を採点

森保一監督の就任後3連勝を飾った日本代表【写真:田口有史】
森保一監督の就任後3連勝を飾った日本代表【写真:田口有史】

FIFAランク5位の強豪に4-3勝利 外国人記者が“金星”獲得の日本を査定

 日本代表は16日の国際親善試合ウルグアイ戦で4-3と壮絶な撃ち合いを演じ、森保一監督の就任後3連勝を飾った。ロシア・ワールドカップ(W杯)で16強に入ったチームの主力となった海外組も融合し、2022年カタールW杯へ向かって最高の船出を飾ったと言える。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 ロシアW杯8強、そして最新のFIFAランキングで5位の強豪ウルグアイとの激闘を、かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者マイケル・チャーチ氏はどのように見たのか。

 ウルグアイ戦に先発出場した11選手を10点満点で採点。チャーチ氏はA代表初ゴールを決めた20歳の堂安律(フローニンゲン)を「偉大な影響力」と称賛してマン・オブ・ザ・マッチに選出する一方、ガンバ大阪コンビには「失望の夜」と最低評価を与えていた。

  ◇   ◇   ◇

■ウルグアイ戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
東口順昭(G大阪) 5点
ペナルティーエリア内での存在感と統率力が欠如していた。前線で強烈なフィジカルを誇るウルグアイ相手に特に脆弱に見えた。

【DF】
酒井宏樹(マルセイユ) 7点
右サイドで絶大な有効性を示した。攻撃参加のタイミングも絶妙で、堂安へのパスは見事だった。

三浦弦太(G大阪) 5点
東口と同様に失望の夜。カバーニのゴールは彼の責任だ。

吉田麻也(サウサンプトン) 6点
キャプテンとしては物足りない。それでも、日本で最も重要なディフェンダーであることを示す場面もあった。

長友佑都(ガラタサライ) 6点
いつも通りのハードワーク。中島との左サイドの連携には大きな期待感を示した。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング