南野が「カバーニを凌駕」 ウルグアイ撃破の立役者に海外脱帽「ジョーカーを超える活躍」

日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】
日本代表MF南野拓実【写真:Getty Images】

3戦連続弾で先制点を奪えば、ダメ押しゴールも挙げて海外メディアも釘付け

 日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は、16日に行われた国際親善試合のウルグアイ戦で殊勲の2ゴールを決め、南米の強豪を4-3で撃破する立役者となった。森保一監督体制で3試合連続ゴールとなった背番号9を、海外メディアも「ミナミノがカバーニを凌駕」「ジョーカーを超える活躍」と称えている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は序盤から攻勢に出ると、トップ下の南野が前半10分にいきなりスコアを動かす。左サイドのMF中島翔哉(ポルティモネンセ)から斜めに入ったグラウンダーのパスを受けると、足の間を通すトラップで華麗な反転ターンを決め、そのまま右足を一閃。ウルグアイ代表GKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)のセーブを弾くようにしてゴールネットを揺らした。

 さらに3-2で迎えた後半21分、相手DFのミスを逃さずに堂安律(フローニンゲン)が左足でシュートし、相手GKが弾いたところを南野が右足のダイレクトボレーで押し込み、この日2点目となるゴールでウルグアイを突き放す一撃を沈めた。

 壮絶な打ち合いで勝利を引き寄せる立役者となった南野に海外メディアも釘付けだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング