「感銘的デビュー」「パナマに混乱起こす」 英国人記者が日本代表“先発11人”を採点

森保ジャパン発足後、2戦連続で3-0と完勝【写真:Getty Images】
森保ジャパン発足後、2戦連続で3-0と完勝【写真:Getty Images】

森保ジャパン発足から2戦連続の3-0 快勝劇を外国人記者はどう見たか?

 日本代表は12日の国際親善試合パナマ戦で3-0と完勝し、森保一監督新体制で2連勝を飾った。ロシア・ワールドカップ(W杯)で16強に入ったチームの主力となった海外組6人も招集され、2022年カタールW杯へ順調なスタートを切った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 9月のコスタリカ戦に続く3ゴール、そして無失点での勝利を収めた日本代表の戦いぶりを、外国人記者はどのように見たのか。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、W杯を6大会連続で取材した英国人記者マイケル・チャーチ氏が、パナマ戦に先発した11選手を10点満点で採点。アジアサッカーを長年見てきた記者は、センターラインを務めた3選手のプレーに好印象を抱いたようだ。

 ◇    ◇    ◇

パナマ戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
権田修一 6点
GKにとっては静かな夜。パナマ攻撃陣が精彩を欠いたため仕事はほとんどなかった。

【DF】
室屋 成 6点
守備では冷静。攻撃参加したが、相手ペナルティーエリア内でのクロスに向上の余地あり。

冨安健洋 7点
代表デビュー戦で印象的なプレー。最終ラインで存在感を示し、相手への脅威をもたらした。

槙野智章 6点
堅実で頼りになる。パナマを抑えただけでなく、冨安の感銘的なデビューを隣で支えた。

佐々木翔 6点
室屋同様に攻撃参加をしたがったが、クロスに課題大きい。守備は堅固だった。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング