C・ロナウドが今季4点目! ユベントス、公式戦開幕10連勝で盤石のスタートダッシュ

ユベントスがウディネーゼ戦で2-0と快勝【写真:Getty Images】
ユベントスがウディネーゼ戦で2-0と快勝【写真:Getty Images】

6日の敵地ウディネーゼ戦で2-0勝利、ウルグアイ代表MFベンタンクールがセリエA初ゴール

 イタリア・セリエAの王者ユベントスが、現地時間6日の敵地ウディネーゼ戦に2-0で完勝。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)を含め、シーズン開幕から公式戦10連勝という圧倒的なスタートダッシュを見せている。

 ユベントスは4-3-3システムで、前線にはFWクリスティアーノ・ロナウド、FWマリオ・マンジュキッチ、FWパウロ・ディバラの三人を並べた。ウディネーゼは3バックながら中盤から後方への人数を増やし、ホームでも勝ち点1を奪いに行く姿勢を見せた。

 試合開始当初からほとんどユベントスがボールを持ち続ける展開で、ウディネーゼのペナルティーエリア内に次々と侵入していった。ウディネーゼも集中を切らさずに守っていたが、前半の半ばを過ぎるとついていけない場面が増加していく。

 すると同33分、ユベントスは相手CKをGKヴォイチェフ・スチェスニーがカットしたところから一気にカウンター。MFロドリゴ・ベンタンクールが右サイドを駆け上がるDFジョアン・カンセロにスルーパスをつなぐと、カンセロのクロスに走り込んだのは再びベンタンクール。ウルグアイ代表のプレーメーカーはセリエA初ゴールとなった。

 さらに同37分、ユベントスはペナルティーエリア内の左サイドに上がったボールをマンジュキッチがキープすると、後方に優しくパス。そこに走り込んだロナウドが左足ダイレクトで蹴り込んで2-0とリードを広げてハーフタイムに入った。ロナウドはこれが今季のリーグ4得点目になった。

 後半もユベントスが主導権を握るなか、シュートはゴール枠や相手GKのファインセーブに阻まれて追加点はならず。それでも、ウディネーゼの攻撃は数えるほどの場面しかなく、危なげのない勝利を手にした。

 これでユベントスはリーグ開幕から8連勝、CLと合わせて公式戦10連勝と完璧なロケットスタートを見せ、インターナショナル・マッチウィークの中断に入った。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング