アトレチコのウルグアイ代表DFヒメネス、日本戦欠場が決定 CLで左太ももを負傷

ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス【写真:Getty Images】
ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネス【写真:Getty Images】

代表、クラブともに主力を務めるヒメネス CLで負傷し代表不参加が決定

 アトレチコ・マドリードのウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスは、現地時間3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節クラブ・ブルージュ戦(3-1)で負傷し、韓国と日本と対戦する10月の代表2連戦への参加を見送ることになったと、ウルグアイ代表の公式ツイッターが伝えている。

 ヒメネスは2013年にアトレチコに加入し、翌年に主力に定着。主将のDFディエゴ・ゴディンとはウルグアイ代表でもセンターバック(CB)でコンビを組んでおり、ロシア・ワールドカップでは4試合に先発フル出場するなど、主力として活躍した。

 クラブ・ブルージュ戦では先発出場するも、左太もも付近を負傷し前半のみで途中交代。検査の結果、ハムストリングの負傷と診断されたという。これにより、12日の韓国戦、16日の日本戦に向けたウルグアイ代表からの辞退が決定したと伝えている。

 日本は埼玉スタジアム2002でFIFAランク5位の強豪ウルグアイを迎え撃つことになるが、欧州トップレベルで主力を張るCBの不在は、若きメンバーが揃う森保ジャパンにとって、“世界の壁”を経験するうえで残念な結果となってしまった。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング