森保監督、出場機会激減の柴崎&原口招集に言及 「今後の活動にどうするか…」

MF柴崎岳(左)、MF原口元気(右)【写真:Getty Images】
MF柴崎岳(左)、MF原口元気(右)【写真:Getty Images】

海外組のうち吉田を含めた3人が今季レギュラー落ち「コンディションを見たい」

 日本サッカー協会は4日、10月のキリンチャレンジカップ2連戦に向けた日本代表メンバー23名を発表した。森保一監督は今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した海外組6人を招集したが、所属クラブで出場機会が激減しているヘタフェのMF柴崎岳とハノーファーのMF原口元気について、「コンディションを見て今後の活動にどうするかを見たい」と語った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 9月シリーズではW杯出場メンバー以外の若手を多く招集。7日のチリ戦は北海道地震の影響で中止となったが、初陣となった11日のコスタリカ戦は3-0と快勝した。MF中島翔哉(ポルティモネンセ)やMF南野拓実(ザルツブルク)らが結果を残したなか、10月シリーズではW杯に出場した海外組の招集を決断した。

 DFは長友佑都(ガラタサライ/トルコ)、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)、酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、MFは原口と柴崎、そしてFWは大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)となったが、吉田、原口、柴崎の3人は新シーズンでレギュラーの座を確保できていない。ロシアW杯で攻撃を牽引したロンドン五輪世代の柴崎(2試合0得点)と原口(3試合0得点)の現状について問われた指揮官は会見で、「今の二人はなかなか出場機会に恵まれていない」と切り出した。

「ロシアで活躍した選手たちを中心となって招集したいと思っているなかで、もともと世界の舞台では実力を見せてくれた選手たち。そういう選手にチームに加わってほしい、と。あとは試合に出られていない部分で、コンディション的にトレーニングは積めているということ。(代表の)活動に加わってもらってコンディションを見て、今後の活動にどうするかを見たい」

 バヒド・ハリルホジッチ前監督は試合に出ていなければ招集しないと明言していたが、来年1月にアジアカップが控えていることもあり、森保監督はチームのコアを担うであろう柴崎や原口の状態を手元で確かめておきたいという思いの表れだろう。12日のパナマ戦(デンカビッグスワンスタジアム)、16日のウルグアイ戦(埼玉スタジアム)で二人をどのように起用し、チーム作りに組み込んでいくのか注目が集まる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング