PK阻止も… 直後に主審の顔面直撃ループ弾 選手猛抗議の“珍ゴール”に海外仰天

主審の顔に直撃したボールがそのままゴールへ…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
主審の顔に直撃したボールがそのままゴールへ…(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

珍しいゴールに英メディアも反応 「あなたが今週見た映像のなかで最高のもの」

 かつてこんなゴールがあっただろうか。1日にロシア4部のキジリュート対キーズDD戦が行われ、キジリュートが獲得したPKは一度相手GKに阻まれるも、こぼれ球が主審の顔を直撃してゴールに吸い込まれる珍プレーが生まれた。

 その場面は前半43分に訪れる。キジリュートがPKを獲得し、助走をつけてシュート。これは相手GKの鋭い反応によって防がれた……と思ったのも束の間、ボールは主審が立っている方向へと飛び、驚いた主審が膝をやや折ってボールを避けるポーズを取る。ところが、無情にもボールは主審の顔を直撃し、その跳ね返りが鮮やかなループシュートとなり、そのままゴールに吸い込まれた。キーズの選手が猛抗議するも、判定は覆らずにゴールが認められている。

 試合は最終的に4-4ドローに終わったが、海外メディアが注目したのは珍しい主審のゴールだった。

 英紙「ガーディアン」が「ルールによれば、主審にボールが当たっても有効で、ゴールを認めないといけない」と伝えれば、英テレビ番組「サッカーAM」公式ツイッターも「あなたが今週見た映像のなかで最高のものだ」と皮肉交じりに報じた。

 PK阻止、そして直後に主審の顔面シュートという一連の奇妙なプレーが大きな反響を呼んでいる。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング