名古屋助っ人GKが“警察官”に変身 夫婦2ショットに反響「ハンサムな警官と美人妻」

名古屋グランパスGKランゲラク【写真:Getty Images】
名古屋グランパスGKランゲラク【写真:Getty Images】

ランゲラクが南警察署の一日警察署長に就任、来日1年目で“治安の良い国・日本”を実感

 名古屋グランパスのオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラクは、26日に南警察署の一日警察署長に就任してイベントに参加した。自身の公式インスタグラムを更新し、日本の警察官姿を披露すると、仲睦まじい夫婦2ショットを投稿してファンから反響を呼んでいる。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 今季から名古屋の守護神として加入したランゲラクは、ここまでリーグ戦27試合中26試合に出場。確固たる地位を築くなか、チームのゴールを守る男が一転、治安を守る日本の警察官に一日だけ変身した。イベントを楽しんだランゲラクは、自身の公式インスタグラムを更新。「町の新たな警察官と彼の最大のファン」と記し、妻との2ショットも投稿した。

 一日警察署長を務めた事情を知らない海外ファンからは「なぜこの服を着ているの?」との声が上がった一方、「素晴らしい」「ゴージャスなカップル」「ハンサムな警官と美人妻」などのコメントが返信欄に並んだ。

 名古屋の公式サイトはランゲラクの言葉として「日本は本当に治安の良い国ですし、このままみなさんの意識を高く持ち続けてください。日本へ来た当初から、安全な国だと感じています」と伝えている。

 来日1年目のランゲラクだが、“安全な国・日本”にすっかり魅了されたようだ。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング