“ガラスの天才”ウィルシャーが足首を手術 最大6週間の離脱と英メディア報道

ウェストハムのMFジャック・ウィルシャー【写真:Getty Images】
ウェストハムのMFジャック・ウィルシャー【写真:Getty Images】

今季ウェストハムに移籍 開幕から4戦連続スタメンも第5節は欠場

 ウェストハムのイングランド代表MFジャック・ウィルシャーが足首の手術を受け、最大6週間の戦線離脱となることが分かった。クラブ公式サイトが発表した。

 ウィルシャーは今季アーセナルから3年契約で完全移籍。開幕から4試合連続でスタメン出場を果たしていたが、第5節のエバートン戦(3-1)は欠場した。

 26歳のMFは17日にロンドンで足首の簡単な手術を受け、無事に成功した。クラブのメディカルスタッフであるリチャード・コリンジ氏は、「少し休息を置いた後にリハビリをスタートすることになる」と術後の経過について説明。英公共放送「BBC」によれば、復帰には最大6週間かかるとされている。

 キャリアを通じて度重なる負傷に悩まされてきた“ガラスの天才”ウィルシャー。イングランド代表復帰を目指す司令塔の完全復活に期待だ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング