5戦5得点のアザール、“点取り屋”開眼? チェルシー監督も太鼓判「40ゴールを奪える」

チェルシーMFアザール【写真:Getty Images】
チェルシーMFアザール【写真:Getty Images】

カーディフ戦でハットトリックを達成、プレミア得点ランクで首位浮上

 ロシア・ワールドカップ(W杯)後の各国リーグでは、W杯で輝いたスターが切れ味鋭いプレーを見せているが、その筆頭格がチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールだ。開幕5試合で5ゴールを決めて得点ランキングトップに立つアザールに対して、今季からチェルシーを率いるマウリシオ・サッリ監督は「シーズン40ゴールを狙える」と話したと、英公共放送「BBC」が報じている。

 アザールは現地時間15日に行われたプレミアリーグ第5節カーディフ戦でハットトリックを達成。4-1の快勝でチームを開幕5連勝に導く原動力となった。この3得点でアザールは、ベルギー代表の同僚であるFWロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)やセネガル代表FWサディオ・マネ(リバプール)の4得点を抑え、得点ランキング首位に浮上した。

 アザールは圧倒的なドリブル精度を武器に、ゴールやアシストと様々な局面に関与できる。その万能アタッカーぶりはW杯やチェルシーでの活躍ぶりを見れば周知の通りだ。ただ、シーズンを通じてリーグ戦20ゴール以上を超えたことはリール時代の2011-12シーズンのみ。チェルシー移籍後はUEFAチャンピオンズリーグやFAカップなど、すべての公式戦を合わせてもシーズン20ゴール以上を達成したことはない。サッリ監督は、チームの中核を担う“ナンバー10”の脱皮を期待しているのだという。

「我々は会話の機会を持っており、彼には『40ゴールを奪える』と話している。彼はいくつかのことをもっと上達しなければならないが、彼ならできるはずだ」

 昨年は同じプレミア勢のエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)が32ゴールと大ブレークし、得点王を獲得した。サッリ監督から見れば、アザールがサラー以上の決定力を身につけることは可能だと見ているようだ。ロシアW杯でも通算3得点を挙げて同国史上最高となる3位に躍進させたアザール。サッリ監督の言葉が現実のものとなれば、世界ナンバーワンプレーヤーの座も決して遠い話ではなさそうだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング