浦和、指揮官不在のなか武藤の“咆哮決勝弾”で勝利 横浜FMは残留争いに本格参戦へ

武藤が飯倉との1対1を冷静に左足で制してゴールを決め、2-1の勝利を奪い取った【写真:Getty Images】
武藤が飯倉との1対1を冷静に左足で制してゴールを決め、2-1の勝利を奪い取った【写真:Getty Images】

宇賀神の強烈ミドルが決まって浦和が先制

 16日に行われたJ1リーグ第26節の“オリジナル10”同士の一戦、横浜F・マリノスと浦和レッズの対戦は、浦和が2-1でアウェーゲームを制してリーグ4試合ぶりの勝利をモノにした。

【PR】試合当日に密着したDAZN×名古屋グランパスのドキュメンタリー番組『The Locker Room』配信中!

 浦和は今節までオズワルド・オリヴェイラ監督がベンチ入り停止処分のため、大槻毅ヘッドコーチがベンチでの指揮を執った。前節のセレッソ大阪戦で負傷交代になったFWファブリシオは全治7カ月と発表され、代役は7月22日の第17節セレッソ戦以来の出場となったMFマルティノス。昨季まで在籍した相手との古巣対決のピッチに送り込んだ。

 最初のビッグチャンスは浦和に訪れた。前半9分、右サイドからMF橋岡大樹がファーサイドにクロスを上げると、上手く回り込んだFW興梠慎三がワントラップからシュート。しかし、横浜のGK飯倉大樹が至近距離からのシュートをセーブした。

 一方の横浜FMは同20分、日本代表デビューを果たしたばかりのMF天野純が出したスルーパスに右サイドからFW仲川輝人が抜け出し、GK西川周作と1対1に。仲川のシュートは右ゴールポストを叩き、こぼれ球をFW遠藤渓太がプッシュしたが、浦和DF岩波拓也がゴール内に戻ってクリアした。

 試合が動いたのは同43分だった。左45度付近でフリーキックを得た浦和はMF武藤雄樹が蹴り込んだがミスキック。しかし、中央で弾かれたボールを拾ったMF宇賀神友弥がペナルティーアーク付近から右足でコースを狙ったシュートを決め、浦和が1-0とリードして折り返した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング