37歳の元日本代表が躍動! 川崎MF中村憲剛、走り込みながらの華麗ボレー弾公開

川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:荒川祐史】
川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:荒川祐史】

川崎が本拠地で札幌に7-0快勝、小林のクロスから中村が鮮やかに決めて存在感

 川崎フロンターレが15日のJ1第26節北海道コンサドーレ札幌戦で7-0と圧巻のゴールラッシュを見せた。本拠地でファンも熱狂する完勝劇を見せ、終盤には20歳MF田中碧がデビュー戦初ゴールを決めたなか、負けじと存在感を示したのが元日本代表MF中村憲剛だ。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 試合は前半28分、MF家長昭博が華麗なループ弾を決めて川崎が先制。そして迎えた30分に37歳の中村が輝きを放つ。家長が相手から奪うと、ボールを受けたFW小林悠がドリブルで相手ペナルティーエリア前まで侵入し、クロスを供給。すると中央へ猛然と走り込んだ中村が、走り込みながら右足で合わせる華麗なボレーシュートを放ち、チームの2点目を奪った。ゴール直後には、お笑い芸人のバイク川崎バイクさんの持ちネタ「B・K・B!」を真似したパフォーマンスをいつもどおり披露し、ホームの観客を喜ばせている。

 DAZN公式ツイッターで中村のボレー弾映像が公開され、「先制点からわずか2分後、中村憲剛のゴール」「気合いみなぎるBKBパフォーマンス」と速報した。

 そこから川崎が主導権を握り続け、5点を追加するなど札幌を圧倒。首位のサンフレッチェ広島がサガン鳥栖に0-1と敗れたなか、1試合消化が少ない2位川崎が勝ち点3を積み重ね、勝ち点差を6に縮めた。

 中村は試合直後に自身の公式ツイッターを更新。「応援ありがとうございました!! 本当に素晴らしい試合でした」と記し、ゴールを決めた田中とMF下田北斗のロッカー室2ショット写真を公開した。ファンからも「おめでとう!」と温かいコメントが相次いでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN! 今なら1カ月無料で体験可能!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング